こだわってほしい!水素の溶存時間|ありがとうの水素水どっとこむ

飲ませるコツと、「お皿に8時間置いておける事」の強さ

 

 

ちゃんと飲んでくれるかな?そんな不安は最初は私もありました。
わんちゃんは、割と簡単なようです。散歩が出来るのなら散歩の後が飲ませる大チャンスです!

犬お散歩の後に


 

 

しかし、うちもそうですが、猫ちゃんは、「いつ飲むの?」という感じです・・・
うちの場合、猫が5匹いるので、家の数か所に分けて水を切らさないように気をつけて置いているので、
全てが空という事はないのですが、空になっているお皿にありがとうの水素水を注いでいると、
「待ってました!」と言わんばかりに来て1匹で全て飲み干す(1回に100〜150ccくらいづつ入れています)
時もあれば、8時間経って全く減っていない事もあります。

 

そんな時はがっかりしますが、それでもその時点で最高の状態では無くなっている(開封後水素は少しづつ抜けていきますが、8時間は超高濃度)だけでゼロになっている訳ではありませんので、うちの場合は今、焦るような症状の子はいないので飲むまで置いています。常に最高の状態を!とお考えの場合は、8時間毎に取り替えてあげる事をお勧めします。

 

ボタン “8時間変わらず置いておける” 実はこれは全ての水素水が成せる技ではありません。

 

「水素水」として販売していても、水素が水道水レベルしか存在していない「ただの水」も残念ながら存在します。また、製造時には確かに発生・溶存していた水素も、お手元・お口に届く時点では、まったく少ない数値になっているものも…「水素濃度がこれだけあるものを水素水と呼ぶ」という法律がないのです。

 

 

開封後:コップに注いで「8時間」は酸化還元電位が−600mV------------------------------------
※ありがとうの水素水の酸化還元電位は、水素が入っていることのみによりこの数値を出しています。
(酸化還元電位は水を電気分解することでもマイナスになります。ですので酸化還元電位がマイナスに大きい=必ずしも”水素量が豊富”という事ではありませんので水素水選びの際にはご注意ください。)
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

→ お客様からの声でも多く寄せられた質問の中に『電気分解水と水素水は一緒?』というものがあります。

 


TOP お客様の声♪ ご注文 Q&A お問い合わせ