血液1滴でガン発見ってすごい!

今朝、小倉さんの“とくダネ”で取りあげられていましたね。

昭和大学江東洲病院 消火器センターの伊藤寛晃医師がお話していました。

●1滴の血液3分で診断
●さらに詳しい検査でガンのある臓器もわかる

「この診断法は健康診断の採血の余りを少し活用するだけでできる」
って!患者さんの痛みの負担もなくて、いいですよね!

しかも初期のガンでもわかる感じでしたね(*^_^*)
なんで分かるのか??

血液に、紫外線?を当てることで、体のどこかにガンがある方に血液の中のヌクレオソームっていうものが緑色に光るそうです。

今の段階で、『膵臓ガン、胃がん、大腸がん』で実験されたようでした。
(メモしてなかったので、膵臓、大腸は覚えてますが、胃がん違ったらごめんなさい・・)

膵臓癌って発見が難しいって言われているのにね。

すごいなぁ。

しかも、年内の実用を目指しているそうです!
こういうのって、発表があってから5年とかかかりそうなのに、、、
すごいです!伊藤先生!期待しています!

保険の適用の可能性もあるそうですよ、ぜひ適用にしていただきたいものですね!(*^_^*)
【ありがとうの水素水どっとこむ】HPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です